和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

和泉市の学校給食ではフォークがない?/おはしでスパゲティを

前日の記事「台風21号による、和泉市内の主な道路の被災状況の情報発信は?|和泉市きまぐれWatch」に対するWeb拍手をたくさんいただき、ありがとうございました! 23時現在で20以上の拍手をいただきました。今後の励みになりました!(^ー^)


さて今回は、和泉市の学校給食ではフォークがない? という話。きょう10月25日(水)の学校給食は「和風スパゲティと、りんご入りフルーツコンポート」という組み合わせだったとのこと。しかし「給食ではフォークがないので、おはしでスパゲティ、フルーツをスプーンで食べてもらいました」とか。南池田中学校の給食ブログより。
もりもりブログ(給食ブログ): りんご入りフルーツコンポート|南池田中学校


『「おはしとスプーンの両方を洗う作業は大変です。洗ってくださる調理員さんに感謝して食べましょう。」と生徒に伝えました』との話もありますが……個人的には「変な食べ方」ではないかと? 「食育」的にはどうなんでしょう……。


大昔? の学校給食では、食べる道具といえば「先割れスプーン」というものしかなかったと思います。しかし現在では、お箸もあるのですね。なのに、フォークはないという。

なぜ給食にフォークがないのか? 生徒がケガする危険性がある? と思ったのですが、それなら先の尖っているお箸だって(振り回したりしたら、目に刺さったりするなどの)危険性があるでしょうし……。ひょっとして、フォークを洗う際に調理員さんがケガするかもしれないから、学校給食では使わない(使えない?)のでしょうか?


一方で、お箸・スプーン・フォークの3点セットを自前で用意してもらうっていうのは、ダメなのかな? とも思いました。つまり、生徒が「マイお箸・マイスプーン・マイフォーク」を自宅から持ってきて、使い終わったら(学校あるいは帰宅後に)自分で洗う

忘れた生徒がいた場合には、学校でお箸・スプーン・フォークを貸し出す対応をしてもいいと思います。

小学校低学年ぐらいだと難しいかもしれませんね。しかし中学生ならば、自分が使ったお箸・スプーン・フォークを自分で洗えるはずでは?

高校生になってお弁当を持参するようになったら、自分で食べる道具を持っていくわけですし。

生徒が「マイお箸・マイスプーン・マイフォーク」を持参する仕組みにすれば、「おはしでスパゲティ」に代表されるような、変な食べ方をしなくて済みます。また調理員さんたちが食器を洗う負担も減らせます。そして生徒には「自分のことは自分でする」習慣を身につけさせられて良い、と思うのですが……。


ふと思いつくままに書いてみました。


【参考リンク】


【2017/10/26追記】
自治体によっては「お箸やスプーン、フォークは持参」というところもあるそうです。というわけで、タイトルなど「和泉市の学校給食には」と修正しました。また「低学年は体格差も大きいので、自分の手の大きさにあったお箸を使わせてあげたいですね」との意見も(非公開コメントにて)いただきました。なるほど、そういう見方もあるのですね。ありがとうございました!


「大阪みかんゼリー」が製造中止に?

学校給食のメニュー「大阪みかんゼリー」が製造中止に? という話。もともとの名称は「和泉みかんゼリー」。「和泉のみかん果汁を使って、和泉市の栄養士が開発した無添加ゼリー」とのこと。しかし、和泉市以外の学校給食でも使いやすいようにと、数年前に名称を変更。ところが「給食であまり使われていないようで、製造中止になるとの話を聞きました」とか。もりもりブログ(南池田中学校・給食ブログ)より。
もりもりブログ(給食ブログ): 大阪みかんゼリー


詳細はリンク先ブログページを参照のこと。

和泉市由来の学校給食メニューということなので、いろいろな学校で使われると良いのですが……なかなか難しいようですね。本当に製造中止になったとしたら、悲しいですね。何かのきっかけで、人気メニューになることを期待しています!ヽ( ;´Д`)ノ


※先月9月のブログ記事の話題なのですが、これまでご紹介する機会がなくて……ようやく今回、取り上げることができました。


みかん果汁を使った「みかんピラフ」/和泉市学校給食

大阪・和泉市の学校給食に、みかん果汁を使った「みかんピラフ」が再登場、という話。1年前に市内の中学生が考えた献立で、「好評だったので再び登場」とか。南池田中学校の給食ブログより。
もりもりブログ(給食ブログ): みかんピラフ


「今日は、作り方を紹介します」ということで、リンク先ブログページでは、給食室で調理している様子が写真付きで紹介されています。給食の調理だけあって、大人一人が余裕で入れそうなぐらい?! の、すごく大きな釜で作られていて、とても迫力がありますね(汗)


ちなみに、レシピ紹介サイト「クックパッド」でも、みかんピラフのレシピがいくつかありました。ご家庭で作る場合には、こちらのレシピが参考になるかも?
みかんピラフのレシピ 4品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが257万品


なお、給食でつかわれたみかん果汁は、大阪いずみ産の100%の「大阪みかんジュース」とのこと。ですが、メーカーや、販売場所は不明……。

みかんを使う場合は、仏並町の「道の駅・いずみ山愛の里」(南部リージョンセンター)や大野町の農林産物直売所「葉菜の森」で、「和泉市産のみかん(和泉みかん)」を入手して、調理されてみてはいかがでしょうか!ヽ(*´∀`)ノ
道の駅 いずみ 山愛の里
葉菜の森(はなのもり)―(株)いずみ・ファーマーズ|和泉市の農林産物直売所


和泉市学校給食に「クリスマス献立」/2学期の給食が終了

きょう12月20日、大阪・和泉市の学校給食に「クリスマス献立」が登場した、という話。鶏肉のバジルソースや野菜スープそしてチョコムースなど。「お昼の放送ではクリスマスソングも流れ、いい雰囲気でした」とか。南池田中学校の給食ブログより。
もりもりブログ(給食ブログ): クリスマス献立|南池田中学校


そして「2学期の給食は今日で終わりです」ということで、冬休み中のご家庭では、お子様のお昼ご飯の用意が大変になるのでしょうか……?(^^;)


「和泉市制施行60周年記念献立」を実施/大阪・和泉市の学校給食

ことし9月1日で市制施行60周年を迎えた大阪・和泉市(いずみし)で、9月7日(水)市内小中学校において、学校給食の統一献立「和泉市制施行60周年記念献立」を実施した、という話。『メニューは「和泉のおにぎらず」「野菜いっぱいのスープ」「大阪みかんゼリー」「牛乳」です』とのこと。郷荘中学校・校長先生のブログ記事より。
郷荘中学校 校長室から: 和泉市制施行60周年記念献立


記念献立を食べているときの様子が、学校ブログや給食ブログで取り上げられていました。そのうちの主なものを紹介しておきます。

もりもりブログ(給食ブログ): おにぎらず(南池田中学校)
和泉のおにぎらず - 給食ブログ(緑ケ丘小学校)
新しいALTの先生が来たよ(^o^) & 和泉市制60周年記念献立(おにぎらず) - ドラ校長の広場
なんまつダイアリー: 記念献立


【参考リンク】

※ちなみに和泉市は、みかんの栽培面積が約280ヘクタールと大阪府内最大で、みかんは和泉市の特産品なのだとか。そして「大阪みかんゼリー」といえば、もともとは「和泉みかんゼリーという名前」で、「和泉市産のみかんを使って、学校給食専用に作られたゼリー」だったとのこと。しかし現在では「大阪府内すべての学校で使いやすいようにと、大阪みかんゼリーという商品名に変わりました」とか。そして、和泉市以外の産地のみかんも使われているそう……と、以前のブログ記事で紹介しました。
菓子工房T.YOKOGAWAの「大阪 和泉みかんゼリー」が関テレ「よ~いドン!」に/2016年7月13日(水)放送|和泉市きまぐれWatch


※なお、和泉市の学校給食は、1949年(昭和24年)に小学校給食、1956年(昭和31)年9月に大阪府内で初めて中学校給食を開始。1959年(昭和34年)からは小・中学校の全校で学校給食を実施している、とのこと。各学校に調理室がある「全校自校調理方式」を採用しているのが特徴で、「4時限目になるとおいしいにおいが学校中に漂っています」という、できたてのおいしい給食が食べられるのが魅力となっています……と、こちらは以下のブログ記事で。
「和泉みかんパン」が和泉市の学校給食に初登場|和泉市きまぐれWatch