和泉市きまぐれWatch

大阪府和泉市のネタをきまぐれに取り上げる個人ブログ

和泉市・新病院の名称が「和泉市立総合医療センター」に決定

現在、移転新築中の新しい和泉市立病院の名称が「和泉市立総合医療センター」に決定した、という話。『平成29年第3回定例会において、新病院の名称を「和泉市立総合医療センター」に変更する条例案が可決』とのこと。和泉市ホームページより。
新病院の名称が「和泉市立総合医療センター」に決定しました/和泉市ホームページ


新病院の移転先は「現病院から約500m南東の槙尾川公園跡地」とのこと。新病院のイメージ画像および地図画像がリンク先ページに掲載されているので、ぜひチェックすることをオススメします。

なお、工事の進行具合については、以下のページにて、毎月の工事の進捗状況および写真が掲載されています。
和泉市立病院新病院の工事進捗状況/和泉市ホームページ


ふっと思ったのですが、英語ではどう表記するのでしょう? 「Izumi-hp」とか「Izumi-City-Hospital」とか? あるいは、日本語の意味を忠実に再現して「Izumi General Medical Center (IGMC)」とか?


※昨日の記事「和泉市の学校給食ではフォークがない?/おはしでスパゲティを」についてですが、自治体によっては「お箸やスプーン、フォークは持参」というところもあるそうです。また「低学年は体格差も大きいので、自分の手の大きさにあったお箸を使わせてあげたいですね」との意見もいただきました。

※通行止めの状態が続いている石尾中学校の横の道路ですが、復旧予定は「週明けには開通の見込みです」と、関戸繁樹・和泉市議のブログ(ページ一番下)にありました。
北松尾小学校区の通学路危険箇所を再確認。|和泉市議会議員 関戸繁樹オフィシャルブログ Powered by Ameba


無痛分べんで女性が死亡/和泉市の産科医院の院長を書類送検

ことし2017年1月、大阪・和泉市の産婦人科医院「老木レディスクリニック」で、「無痛分べん」で出産した女性(31)が死亡した事故で、警察は10月6日、院長(59)を業務上過失致死の疑いで書類送検した、という話。「呼吸ができなくなった時に、院長が強制的に肺に酸素を送る人工呼吸を行うなど、十分な対応を取らなかったため死亡した疑いがある」とのこと。院長は「容体の変化が早く、対応が追いつかなかった。パニックになった」と説明とか。NHK関西のニュースより。
無痛分べん死亡 院長を書類送検|NHK 関西のニュース


きょうの新聞やテレビ、ネットニュースなどで大きく報道されていたので、すでにご存じの方も多いと思います。


今回の事故については、4月25日(火) の記事「「無痛分べん」で女性死亡 医師を書類送検へ/大阪・和泉市の産婦人科医院|和泉市きまぐれWatch」でも取り上げました。書類送検の方針が示されてから約5ヶ月と少しで、実際に書類送検された、ということですね。


報じられている内容を見ると「ひどい病院だ」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。その一方で、実際に同クリニックで出産された方の中には「先生のおかげで母子共に無事に出産できた。クリニックを続けて欲しい」という声もあるようです(ツイッター上で目にしました)。


個人的には、公式Webサイト上で、この件に関する説明ページがないことが気になるのですが……。


いずれにしても今後、出産を予定されていらっしゃる方々が安心して出産に臨めるよう、お祈り申し上げます。


【参考リンク】


大阪母子医療センターが「保育器クラウドファンディング 」/購入資金をネットで公募

大阪母子医療センター(大阪・和泉市)が「保育器クラウドファンディング 」を行う、という話。「命の危険がある新生児を搬送するのに必要な専用保育器」について、「耐用年数を過ぎているが、資金難で買い替えができないまま」のため、購入資金をネットで公募することにした、とのこと。毎日新聞の記事より。
<大阪府>母子医療センターが保育器クラウドファンディング (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
※クラウドファンディング=インターネットを通じ、資金を公募する仕組み


寄付は、2017年9月12日(火)午前10時から10月27日(金)午後11時まで、専用のホームページで受け付ける、とのこと。
http://readyfor.jp/project/moko

詳細については、リンク先・毎日新聞の記事ページを参照のこと。


ところで個人的に残念に思ったのは、大阪母子医療センターのWebサイトやフェイスブックページに今回の「保育器クラウドファンディング」に関する情報が全くなかったこと(2017/09/07現在)。

新聞やテレビニュースでこの件を見て、詳細を知ろうとアクセスされた方は多かったのでは?

報道されることは事前にわかっていたのでは? いや、事後であっても、この件に関する情報は掲載できたと、個人的には思うのですが……。

自身のWebサイト・フェイスブックページで、より詳細を伝え、募金をお願いするページを用意しておくことで、より多くの方に関心・共感を持ってもらえ、より多くの寄付金が集まるのでは……?
大阪母子医療センター
地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪母子医療センター - ホーム | Facebook



※ちなみに今回の件については、
・「大阪府はちゃんと予算措置をとるべき」
・「クラウドファンディングでやるべき話では無くて、自治体がきちんと税金を使うべき」
・「万博やカジノよりこっちが先やろ」
・「これでクラウドファンディング成立しなかったら保育器はなしよ、ですむ話か?」

など、大阪府に対して批判的な意見がツイッターで投稿されていたようです(4番目の意見、確かにそうですよね?)
【保育器も買えない大阪府!?】府立母子医療センターが保育器クラウドファンディング - Togetterまとめ


のぞみ野に「泌尿器科むかいクリニック」がオープン/男性専門外来も

和泉市のぞみ野・咲花病院の向かい側に2017年5月1日(月)「泌尿器科むかいクリニック」が開院した、という話。「プライバシーに配慮した完全個室の診察室を完備」とのこと。また「男性更年期やED、男性型脱毛症など男性特有の悩みに答えるメンズヘルスクリニック(男性専門外来)も行う」とか。泉北・金剛さやまコミュニティのページより。
ウワサのお店|泉北・金剛さやまコミュニティ


メンズヘルスクリニック(男性専門外来)がある病院というのは、和泉市では初めてでは? リンク先ページでは、院長先生のプロフィールや開院のきっかけなどが紹介されています。興味を持たれた方は、ぜひチェックされてみてはいかがでしょうか。


なお、公式ホームページも開設されています。
大阪府和泉市・和泉中央駅近く「泌尿器科むかいクリニック」


「無痛分べん」で女性死亡 医師を書類送検へ/大阪・和泉市の産婦人科医院

ことし1月、大阪・和泉市の産婦人科医院「老木レディスクリニック」で、「無痛分べん」で出産した31歳の女性が意識不明になり、その後、死亡していたことがわかった、という話(赤ちゃんは無事に産まれた、とのこと)。警察は「女性が呼吸不全になった際に、医師が人工呼吸などの十分な対応をしなかった」として、近く院長(59歳)を業務上過失致死の疑いで書類送検する方針とのこと。NHKニュースのページより。
「無痛分べん」で女性死亡 医師を書類送検へ 大阪 | NHKニュース


ニュース記事によると、「無痛分べん」とは、出産の際に母親に麻酔をかけることで、陣痛の痛みを和らげる分べん方法のこと。「妊婦の間で人気が高まっていて、ここ数年でさらに増えていると見られます」とか。

一方で、麻酔の副作用に細心の注意を払う必要があり、「無痛分べんには通常の分べんとは異なる管理が求められる」とも。


老木レディスクリニックといえば有名な産婦人科医院で人気もあり、これまで多くの出産をサポートし、経験も豊富だと思うのですが……それでも、今回のような悲しい出来事が起こってしまい、非常に残念です。


赤ちゃんの誕生を心待ちにされていた中での、突然の別れ……。ご家族の心中お察しいたします。


なぜこのようなことが起きたのか? 原因が解明されることを願うとともに、今後、出産を予定されていらっしゃる方々が安心して出産に臨めるよう、お祈り申し上げます。


【参考リンク】